×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サム日記

過去日記
2003年分はお星様に、
2004年の前半は海の藻屑になりましたよ
7月 8月 9月 10月 11月 12月


2005/01/01

あけましておめでとうございます。
本年は日記をちゃんと書きたいと思います。
思うだけです。


2005/01/2

とりとめのない夢をみた。そういえば初夢だ。
以下その内容

お前の姉ちゃんをドイツでみた、という男がある日俺の前に現れた。
男の名は松崎しげる。馬から落ちて背骨を折った黒いナイスガイである。
黒いナイスガイである。
マイトガイである。
それは小林旭。
しげるは言う「ドイツの、ドイツ大付属3中の右曲がってタバコ屋ジャスミンの向かい側で屈伸運動をしていた、お前の姉ちゃん」
俺は返す「あんた、ほんとうに黒いな。もうあれだな、漫画だったらベタで表現されるな。目以外ベタだな。」
しげるは酷く悲しそうな顔で「目はベタじゃないのか。目はベタじゃないナリか。コロスケなり、コロッケなり」と囁いたような気がするが実際は囁き声があまりに小さくて「フォーリンラングエッジ、コロッケなり」としか聞こえなかったのをなんとなく意訳したのが現状だ。
俺はしげるに謝罪し、いつか目も黒くなるさ、空も飛べるはずさとうそぶいてお茶を濁した。その後2人で海浜公園を散歩することにした。
8月の海浜公園は非常に暑く、俺は辟易したがしげる的には日焼けの絶好のチャンスらしく、背骨は折ったが志は折らないなどと言うのだった。
〜この変からしばらく夢がぼんやりしてくる。なんか大活劇があった気がする。いろいろあってから〜
それがきっかけで、俺はシャムシェイドのボーカルに殴られた。
殴られた頬が熱を帯びて燃え上がるようだと思ったら実際燃え上がり、バラエティ系料理番組とかでゲストの3流お笑い系マルチタレントが調子こいて鍋にブランデーを注いだもんだからぼわっと燃え上がり、スタッフ笑いが起こるがそれは後でディレクターが足したもので実際の現場は「あーあー、テンションだけが取り得のタレントが必死になったところで鍋一つ燃やすのが精一杯だな、次はねえな」みたいな空気に包まれていた的状態になってしまう。俺大慌て、周り白い目。
シャムシェイドのボーカル(仮に義三郎)だけが同じく大慌てで「やっべえやっべえまじやっべえ。」と俺に水っぽいものをかけてくれるが完全に水じゃないので火は全然消えない。ちなみにどんくらい水じゃないかというと、こじゃれたイタリア料店にいったら水に微妙にレモン汁がはいってましたというくらい微妙な違いで水ではない。ちょっとぬめりがある。
まさかこれは!と気づくと同時に松崎しげるが「ソレはぼくの汗だ!」と舞台声で言い放った。
俺は、ああしげるの汗はちょっとぬめっているんだなぁと思った。
そして目が覚めたのだった。

どういう意味が含まれるんだろうかこの夢。


2005/01/03

納豆に付属してるタレがいっぱい欲しい。
2リットルペットボトルいっぱい欲しい。
そしていろんなものにかけて食べたい。
たとえば焼肉。
たとえば白飯。白飯にマヨネーズとあのタレ。
あ、白飯マヨネーズタレはうまそうだなぁ。
あ、ちょっと本当にうまそうだなぁ。
誰か商品化しないかなぁ。
俺に分け前をくれないかなぁ。
7:3で俺3でいいから。


2005/01/04

恥ずかしくて言えない。
「ステロタイプ」だと外人かぶれっぽいし「ステレオタイプ」だとカタカナ英語すぎるし
言えない。
言わなきゃいけないときは、ちょっと言葉を濁してしまう。
「あーそれはステリィォタイプだねえうん」みたいな
どっちつかずの発音をしてしまう。
結果もっと恥ずかしくなり、
その夜は枕に顔を押し付けてバタバタしながら
ちょっと泣いてしまう。
恥ずかしくて言えない。
ファイナルファンタジーを「ファイファン」って略して言えない。
昔は当たり前のようにそう略してたのに。
今は「F.F」としか言えない。
「F.F」だと「フジ・ファクトリー」と間違える人がいっぱいいるかもしれないのに
「ファイファン」って言えない。
恥ずかしくて言えない。
立ち食い蕎麦屋で食器戻すときに「ごちそうさま」って言えない。
完全に知らないところなら言えるけど
地元の駅にある立ち食い蕎麦屋だとなんか言えない。
ものすごくちっちゃい声で
「ごぉっすぃさ」
としか言えない。
「ふぉっそっさ」
くらいが限界だ。

ああ
今年はこれをなんとか克服して
なんでもいえる男になりたい。


2005/01/05

正月休みが明けての仕事初日と
乳首を思いっきりひっぱられるのは
同じくらい辛い。
あ、片乳首ですよ。
これ両乳首となるとね、
比じゃないですよ、辛さが。
「生き別れ」てキーワードがはいるエピソードと同じくらい辛くなるもの。

そんなわけで
乳首を引っ張るのはやめようと
そう思ったわけです。


2005/01/06

まあぶっちゃけるとね
1月2日からの日記は
1月11の夜にいっきに書いてるわけですよ。
もうね、正直書くことないんですよね。
まだ半分だというのに。
なんかないかなー書くこと。
6日にあったことなんて何も覚えてないですよ。
嘘かいてもいい?

えーっとねえ
あのー

空を飛んでましてね、
まぁ嘘なんですけれども。
んで空飛んでましたらば
ものすごい雲がね
まるで龍の巣ですよ。
天空の白ラピュタの。
まあ嘘なんですよ。
嘘なんですけれども。
龍の巣があってね。
結果、無視しましたけど。
だって危ないし。
それで家帰りまして、
夕方くらいでね。
夕飯食べまして、
それでまあ3時間くらいうだうだやって
寝ましたけどもね。
嘘ですよ。
嘘ですけれども。
まあそういう一日だったと


2005/01/07

金曜日ですよ。
花金。
はなきんデータランドですよ。
タモリ倶楽部ですよ。
えーと
ロードショー
金曜ロードショーとか
そんな日ですね。

えーっと・・・
空をね(以下昨日の同じ)
まあそういう一日だったと


2005/01/08

記憶違いをしていたわけである。
小学校高学年の頃だったと思う。
当時甘いもの嫌い王と呼ばれていた俺が唯一食べていた甘いもの。
幾重にも重ねた薄いクレープ生地を甘さ控えめのココアクリームで包んだものである。
形状は楕円を底面とした柱である。
さくっとした歯ざわりで、かみ締めるとココアの上品な甘さが口いっぱいに広がり、思わず口元がにやけるのだ。
ブルボンから出ていた。
それをドラクエの3だか4だかをやりながらサクサクボリボリと食べるのが、まさに至福の時だったのだ。
折り合いのつかない父との二人暮し。学校と塾を往復するだけの日々。もてあます性欲。
盗んだバイクで走り出したいほどに鬱屈した心模様をほんのひと時和ませる時間だったのだ。

あれから時は過ぎ、
先日、友人と「うまいお菓子ってなに?」という話題になった。俺は即座に「あーそれならマドレーヌを超えるお菓子はねえな、ブルボンの」と答えた。
俺の記憶では前述したクレープ生地+ココアクリームのお菓子はマドレーヌという名前になっていたのだ。
これが
記憶違いだったわけである。
マドレーヌというのは皆さんもご存知のことと思うが、バターケーキの一種である。焼いた翌日は更にうまいことで有名なバターケーキなのだ。ご家庭でも気軽に作れる。
もちろん友人は、俺の言うマドレーヌをクレープ生地+ココアクリームのお菓子としてではなくバターケーキとして認識した。
「あーあれはおいしいねえ。素朴な味で。」
ココアのほのかな甘みが上品な味わいであると認識している俺にとってこの発言は「大塚愛ってオリジナリティあふれるアーティストだよねえ」といってはばからない脚がザンギエフ級の女子高生くらいむかつくものであった。
俺はいきりたった。素朴とは何事だ貴様は日ごろからトリュフを万能ネギがわりにどんな料理にも振り掛けるタイプか。高級ならば高級なほど、上品ならば上品なほど素朴と認識するマリーアントワネットか。パンがなければケーキを食べればいいじゃないとかいうつもりか。浜崎あゆみを本気で歌姫だと思うくちなのか。
大して友人は「マドレーヌが素朴な味じゃなかったら何が素朴だというのだ。あとは母乳か卵かけご飯以外ねえ」と言い返す。
大喧嘩となった。

そして今日
なんの気なしにスーパーのお菓子コーナーにいったら
あったのである。
ブルボンの
幾重にも重ねた薄いクレープ生地を甘さでおさえたココアクリームで包み込んだ
上品な味わいのココアクリームとの素敵な出会いを体験できるお菓子が

ルマンドである。


惜しい!
マとドは合ってた。
ルとンがなくなってレーヌがつけばよかったのである。
思わず「くっはぁ」と息を漏らし近くにいた子供にすごい視線をもらった。

目下の悩みは
友人にこのことをどう伝えるかである。
一切触れないでおこうという作戦が
最有力であることは
いうまでもない。

ルマンドを食べながら〜


2005/01/09

鎖骨のちょっと上あたりに湿疹ができた。
仕事終わりに皮膚科にいったところ、乾燥した肌に衣擦れを加えたところに無意識にボリボリ掻き毟る駄目人間を足すとこうなるとのこと。イケメンの割りにくぐもった声(全部の音にナ行を加えたような)を発する医師のいうことだから間違いないだろう。
診断の後、美しい看護士のお姉さんに軟膏をぬりぬりしてもらい、今現在にいたる。
あの看護婦さんが明日朝寝坊してパンを口にくわえたまま走って病院に向かい、途中の曲がり角のところで俺とぶつかって恋がめばえたらいいのに、と思いつつこの日記を書いている。

さて本題だが
その皮膚科には診察室がいくつもあり、それらはカーテンでしきられ医師がくるまでそこで待ってろ駄目人間がっ、というシステムなのだが、仕切りが薄すぎて他の部屋の声が丸聞こえなのである。
丸聞こえなのである。

「ドメスティックバイオレンス」みたいな響きの機械でお肌をどうこうしませんかというような売り文句と、お洒落な配色の室内とハイセンスなインテリアのせいか女性の患者さんが非常に多いのだ。
俺がいったときは俺以外みんな女性だった。

丸聞こえなのである。

なんかね
幼児だからつって女湯にいって
もちろん誰も警戒しないわけだが
自分はもう男としての自覚があるんやで
わいは狼なんやで
みたいな感じで
ちょっと興奮したの。

しかもその後に看護婦さんのぬりぬりタイムである。
弱めのキャバクラより興奮するのは仕方なしだということを
皆さんも理解していただけるだろう。

なにがいいたいかというとだ、
後先考えずに日記をかくと最後のほうはくちゃくちゃになるよと
そういうことが言いたかったのである。


2005/01/10

一年ぶりくらいに吉野屋にいったら牛丼がなかった。
知識として知っていたが実感には至っていなかったようで、非常に驚いた。
思わず「はっふぁ・・・」とつぶやいて静止してしまったほどだ。
ネズミっぽい顔の店員に「ご注文は?」と二回言われたところで我に返り
「ぶ、ブタを大盛り」
といったあとに、カレー丼にすりゃよかったと軽く後悔。
ほどなく豚丼が
こころなしか全体的に牛丼より赤みがかかっている。
なんかおいしくなさそうだなぁと一瞬思ったのが運の尽き。
一度先入観がついてしまうとそれを払拭するのはなかなか困難である。
実際味は悪くないのだが、まずそうという意識が先にきてしまい「まずい」という印象に。
「ふぬぅふぁ」とため息をつきながらまずそうに食べる俺のそのさまを
ネズミの彼はどんな気持ちで見つめていたのだろう。

牛丼が復活するまで吉野屋にはいくまいと
そう心に誓った一月の夜であった。


2005/01/11

駅前で仲の悪そうな姉弟をみかけた、
姉11歳、弟8歳といったところか。
弟は何かのチラシを丸めて棒状にしたものを右手にもってぶんぶん振り回している。
姉はそれを冷静な目でみつめ、スカートのヒダをいじくっている。
弟は振り回すのに飽きたのか、チラシ棒で突然姉の頭を叩いた。
「なにすんのよ!」
姉が怒ると、弟はにやっと笑って「痛い?ねえ痛い?」
「痛いわよ!馬鹿」
すると弟は突然、チラシ棒で自分の頭をたたき出した。すごい勢いで。
どんくらいすごい勢いかというと、あれが鉄パイプだったら弟は死ぬというくらいの勢いである。
マッハ2
ばっしんばっしん音をたてて自分の頭を殴る弟。
「うははははは、いってぇこれいってぇ」
姉は無関心な様子でスカートのヒダをいじくる。
しばらくすると弟は自分の頭を殴るのに飽きて、バッターの構えから姉のお尻にむけてチラシ棒をフルスイング。
スパンという小気味のいい音がした刹那、姉がすごい形相で「なにしてんだよてめぇ」といってからグーで弟の頭を殴った。
マッハ4
弟は痛みなどなにもないかのようにゲラゲラ笑ってから「ねえねえちょっとボールなげるフリしてよ、俺打つから、俺打つからさぁ」
「しらねえよ馬鹿」と言い放って姉はまたスカートのヒダをいじりだした。

ああ、こんくらいの時期の子育てってイライラしそうだなぁと思いながら
エロ漫画を買いに行く俺を
皆さんはどう思うか。


2005/01/12

トラックボールマウスを買った。


2005/01/13

高校生活を舞台にしたべったべたの恋愛青春小説がかきたくなったので書き出す。
頓挫する可能性98%。
とりあえずアップしておこう。
おもしろくはないよ。


2005/01/14

ルマンドをポリポリ食べながら小説もどきを書いては消して書いては消して。
肩が凝り目がしょぼしょぼする。
頓挫する可能性は99.28%くらいに。


2005/01/15

上滑りのトークと微妙な歌声が薄ら寒いことでおなじみのサムラジオを聴きたいけどいつやっているのかわかんなーい、という方が結構いるという話を夢でみた。
もっともだ。
番組予告とかしないで、気が向いたときに飽きるまで放送というスタイルだもんなぁ。
しかし、安心めされよ。
こたろう様というかたが運営している「こたらんど」というサイトに、ねとらじ番組を録音が出来るナイスソフト「RAZIE」があるのです。
こいつをさくっとダウンロードしていただいてぼいっと起動してツール→お気に入り設定で「サムラジオ」と登録することで!
なんと自動録音が可能なんです。(ソフトを起動させておく必要はありますが)
素晴らしい!
上滑りのトークと微妙な歌声のサムラジオが聞きたいという方は
是非!

こたらんどはgoogle検索で「こたらんど」で出てきますよ。


2005/01/16

今日も今日とて小説を書いたり。


2005/01/17

主要キャラクターのイメージがいまいち掴めない。
小説の話ね。
誰かキャラクター絵にしてまとめてくんないかなぁ。
ちょっと調子が出てきたので頓挫する可能性は94%に。


2005/01/18


今日の小説

文才ねーなー、とへこむ。
小説が頓挫する可能性は96%に。


2005/01/19

日記をブログに移行。